クレンジングが肌荒れの原因かも

メイクをしている人は、クレンジングを行うわけですが、そのクレンジングの方法が間違っているために肌荒れを起こす場合があります。

正しいクレンジングの方法について、きちんと確認しておきましょう。

まず、化粧をしていない日は、基本的にクレンジングの必要はありません。クレンジングは、そもそもお肌への負担が大きいので、必要ないときはしない方が良いです。

メイクをしていないのに、クレンジングを行う人は、そのために肌荒れを起こしたり、乾燥肌になっている場合があります。

クレンジングを行うときは、クレンジング剤をTゾーンからのせましょう。

クレンジング剤を頬からのせる人も多いと思いますが、頬はTゾーンよりも皮膚が薄いので、クレンジング剤による刺激が比較的大きくなります。

特にお肌の調子が良くないときは、クレンジングをのせる順番を気にしてみてくださいね。

他にも、クレンジング剤は手のひらの上で泡立ててから顔にのせるようにします。

また、洗うときには、皮膚をこすったりしないように注意することも大切です。

せっかく、お肌をきれいに保つためのクレンジングですから、正しい方法を身につけて、お肌を傷つけないようにしましょう。

このブログの人気の投稿

炭酸クレンジング「肌ナチュール」が市販されているところ